医者

鼻づまりの原因とメカニズム|睡眠の質にも影響する

鼻がつまる時の対処法

女性

鼻がつまる原因

鼻づまりが起きると、寝ていても息ができなくて睡眠にも影響を与えてしまう可能性が高い。鼻が詰まることで口で息をしてしまうため、起きると喉が痛くなっていることもあるでしょう。鼻づまりは酷くなると、頭痛や吐き気の症状が起きて体のだるさを感じるようになるので早めの処置が大切なのです。鼻づまりの原因としては、鼻粘膜の腫れと鼻の構造、2つが挙げられます。アレルギー性鼻炎や風邪などで起きる鼻づまりは、鼻粘膜の腫れが原因になっているでしょう。鼻水にはウイルスやアレルゲンを防ぐ働きがありますが、それと同時に鼻粘膜が腫れたりひいたりしているのです。この状態が続くと、鼻を通る空気の流れが悪くなってしまい鼻づまりの症状が引き起こされます。症状が長く続くようであれば、耳鼻科などの専門医へ受診して早期治療するようにしましょう。

蒸しタオルで解消させる

片方の鼻だけが詰まるのは、鼻の構造が関係していると言えるでしょう。鼻茸という水ぶくれが鼻の中にできると、両方の鼻の詰まりが起きるでしょう。味覚が鈍くなったり、水ぶくれが鼻の穴から出てくることもあるのです。症状がひどい時には、耳鼻科などで診察してもらうのも一つの解決策です。鼻づまりはお風呂や温かい食べ物を摂ることで、鼻腔が広がって粘膜の血流がよくなり解消させることができると実証されています。温めた蒸しタオルを、鼻にのせるのも効果的でしょう。鼻をつまんで息を止めて、2秒ごとに天井と床を交互に見るのを繰り返すことで鼻づまりを解消させることができるのです。ミントやメントールのキャンディーを使用するのも一つの方法です。ハッカの主成分には、血行促進作用や抗アレルギー作用があるのでおすすめです。

聞こえをサポートします

お花

難聴は人により症状が異なります。聴力検査を行うと、自分の聞こえの低下がどの程度なのか詳細が分かり、補聴器選定に役立ちます。補聴器は両耳装用をすることで左右のバランスが整い周辺の音に気が付くため、外出時の事故防止になります。

もっと読む