医者

鼻づまりの原因とメカニズム|睡眠の質にも影響する

補聴器を活用する

ファミリー

様々な機能があります

当時アナログな音質だった補聴器はデジタル音質になり、より聞きやすくするための効果が開発されています。難聴になると、会話音が聞こえにくくなると同時に周囲の環境音も聞こえにくくなります。補聴器を装用すると最初に気になるのは周囲の雑音です。雑音制御装置を搭載することで周囲の環境音を静かにさせる事が出来ます。また、補聴器を挿入する際にピーというハウリング音が気になることがあります。しっかり耳の穴に装用できないと隙間から空気が漏れる音がハウリングとなって現れます。ハウリング制御装置は不快感のあるハウリングを減らし、周囲に迷惑にならないよう改良されています。電話を掛ける際には聞きにくかった補聴器ですが、誘導コイルを使用することで電話での会話音を中心に音を拾うことができるようになります。

音に明瞭感を与えます

老人性難聴になると、音がしているのはわかっていても音質にメリハリが無くなり、はっきりと聞き取ることができなくなります。ニュースキャスターの声は聞き取れても、早口で話したり、ゴモゴモとこもった話し方をする場合には音の明瞭感を改善した補聴器で改善できます。高音部に明瞭感を与え、従来の補聴器よりも会話が聞こえやすくなっています。また、屋内や屋外では周囲の環境音が異なるため、屋外向きの音質や、室内向きの音質を登録することができます。メモリー機能は人により聞こえの好みがあるため、補聴器取扱店にて自分の生活スタイルを相談しながら選定します。人によっては指先の動きが悪くなり、小さな補聴器では装用が難しくなるため、装用しやすいサイズを考慮するとよいでしょう。